猫用品

【2019年最新】自動給餌器おすすめ人気ランキング&選び方|カメラ付きやスマホで遠隔操作できるスマートペットフィーダーがトレンド!【猫用】

【最新版】自動給餌器おすすめ人気ランキング&選び方|カメラ付きやスマホで遠隔操作できるスマートペットフィーダーがトレンド!【猫用】

どうも! 3匹の猫と暮らしているねこぞー(nekozo_jp)です。

最近は空前の猫ブームで、プライベートの時間が少なくても猫と癒しの生活を送りたい! という方が非常に増えてきました。

しかし「残業などでご飯をあげる時間がまちまちになってしまう」「猫の食事管理が大変」など、時間が取れないが故に困っている方も多くみかけます。

この記事にたどり着いたあなたは、こういう事でお悩みではないでしょうか?

残業や旅行、ちょっとした遠出のときに猫のご飯が気になって集中できない!
猫の健康管理のために餌の量をコントロールしたいけど、忙しくて毎回計るのがつらい!
自動給餌器をすでに使っているけど、他にいい製品がないか探している!

こういったあなたのお悩みを解決するために、3匹の猫と暮らす私が本当におすすめできる「自動給餌器(オートペットフィーダー)」をご紹介します。

また、自動給餌器の利便性や選び方についても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

りっちゃん
りっちゃん
餌のことなら任せるにゃ〜!
もっちゃん
もっちゃん
猫の目線からもしっかりご説明しますね〜!
あなたにオススメの猫用品をまとめました
キャットフード 食器 水飲み器
トイレ 猫砂 自動給餌器
自動給水機 ブラシ 爪とぎ
キャリー 猫草 初日に必須
【2019年】買って本当によかった猫グッズ

自動給餌器(オートペットフィーダー)とは?

自動給餌器(オートペットフィーダー)とは?

キャットフードを自動的に与えてくれる食器のことを自動給餌器と呼びます。

ほとんどの製品は給餌時間1回あたりの餌の量が設定できるため、下記のような方にとってとても便利な製品です。

残業が多くて晩御飯の時間がズレがち
数日間の旅行に行きたい
朝早い時間に起きれなくて困っている
食事制限などで1回の量を厳密に決めているが、毎回計るのがめんどくさい

つまり自動給餌器をうまく使えば、

あなたが残業で遅くなっても愛猫がお腹をすかせてしまうことはなくなりますし、

朝早くに髪の毛や頭をひっかかれて叩き起こされることも防げますし、

2,3日の旅行であれば猫にとってストレスがかかるペットホテルなどを使わないでも、一番落ち着く自宅にいさせてあげることができるんです。

忙しい現代の社会人と飼い猫の強い味方ですよね(笑)

自動給餌器は、機能が多ければ多いほど値段も高くなる傾向があり、1,000〜25,000円くらいの大きな幅があります。

しかし、高いものほどいい! という訳でもなく、あなたが困っている課題にあわせて最適なものを選ぶのがベストです。

自動給餌器(オートペットフィーダー)の選び方

自動給餌器を選ぶときのポイントについて詳しく解説していきます。

あなたに最適な自動給餌器がわかるように説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

大量の餌をセットできる「フードストッカータイプ」

大量の餌をセットできる「フードストッカータイプ」

出展:Amazon

自動給餌器の中でもポピュラーなのがフードストッカータイプと呼ばれる製品です。

1.0〜1.6kgくらいのドライフードを給餌器の中にセットしておき、あとは決められた時間に、決められた量の餌が自動的に給餌されます。

夜は必ず遅くなってしまうとか、毎食決まった時間に決まった量をあげたい、という方にはフードストッカータイプが向いています。

他にも、朝早く起こされたくない!という方であれば、毎朝7:00などにタイマー設定しておけば、あなたが起きなくても勝手に給餌される、という便利さです(笑)

ウェットフードに対応している「トレイタイプ」

ウェットフードに対応している「トレイタイプ」

出展:Amazon

フードストッカータイプと対をなすのがウェットフードを給餌できるトレイタイプの製品です。

トレイタイプの特徴は、ウェットフードがセットできる事と、最大でも6食分くらいまでしか餌をセットできないことです。

たとえば、普段は自分で餌を与えたいけれど、どうしても夜遅くなってしまう急用ができてしまった。

そういう単発の時に重宝するのがトレイタイプです。

1食分のタイプもあるので、フードストッカータイプに比べると安価なものが多いのも特徴になります。

ちなみに、毎日のように使うならフードストッカータイプの方が便利です。

フードストッカータイプのタイマー機能・給餌量・給餌回数はどの製品でも大差ない

フードストッカータイプのタイマー機能・給餌量・給餌回数はどの製品でも大差ない

出展:Amazon

ほとんどのフードストッカータイプの自動給餌器では「タイマー機能」「1回の給餌量」「1日の給餌回数」が設定できます。

タイマー機能:1〜5分間隔で設定
1回の給餌量:5〜100g程度
1日の給餌回数:3回〜4回

少なくともこの記事でご紹介する製品はほとんどこの範囲になっていますので、製品を選ぶときそこまで気にしなくてもいいポイントです。

飼い主の声を録音・再生できる機能

飼い主の声を録音・再生できる機能

出展:Amazon

愛猫家としては、自分の声で愛猫が安心すると思いたいですから、この機能は当然ながらついていた方が何となく安心しますよね(笑)

この機能はついているものとそうでないものがハッキリと分かれます

機能がある場合は、10秒間の音声を録音し、給餌するときにその音声が流れる、という仕組みがほとんどです。

見守りカメラ機能(動画)

見守りカメラ機能(動画)

ハイエンドの自動給餌器には、スマホでリアルタイムに愛猫の様子が確認できる見守りカメラ機能が搭載されています。

双方向の音声通信もセットになっていることがほとんどなので、呼びかけて猫ちゃんを安心させてあげたり、遠方で愛猫の鳴き声を聞くことができるのも大きなポイント。

この機能が搭載されているモデルは基本的に15,000円〜と少しお高めですが、家にいられる時間が少ない人には非常におすすめできる便利機能です。

残業中にちょっとサボってスマホで愛猫の姿を眺めたら、モチベーションも復活するってもんですよね?(笑)

スマホでの遠隔操作機能

スマホでの遠隔操作機能

出展:Amazon

見守りカメラ機能とセットで搭載されていることが多い機能です。

遠隔地からスマホで「臨時の餌あげ」ができます

製品によっては、スマホアプリで愛猫の体重や食事量を記録したり、SNSシェア用の画像や動画を撮りためておく機能などもあります。

これらを踏まえた上で、機能や価格などを比較して本当におすすめできる自動給餌器(オートペットフィーダー)をランキング形式で10製品ご紹介していきます。

みぃちゃん
みぃちゃん
それじゃあいってみよ〜!

自動給餌器(オートペットフィーダー) おすすめ人気ランキング 10選

10位【WOpets】ペット用自動給餌器 単食分

お手軽1食分で安価
残業や軽い遠出で重宝
トレイタイプ

自動給餌器や自動給水機でおなじみ「WOpets」が販売している単食分の自動給餌器。

乾電池で動くのでコンパクトな仕上がり。最大48時間のタイマーが設定できるシンプルな商品です。

トレイタイプなのでウェットフードをセット可能。余計な機能がついていない分、自動給餌器としては破格の安さで入手可能。

複数個買えば連結できるのも大きな特徴。トレイ下に保冷剤が入っていたり、トレイを丸ごと取り外して洗えるなど細かい設計も嬉しい。

単発の残業やちょっとした遠出、朝起きるのがつらいときなどに役立つこと間違いなし!

オススメ度
給餌量 1食分
最大給餌回数 1回
タイマー性能 最長48時間
電源 乾電池
ウェットフード
スマホ操作 ×
カメラ ×
飼い主音声 ×

9位【オーエフティー】シュアーフィーダー マイクロチップ

シュアーフィーダー マイクロチップ
オーエフティー

登録した猫だけフタが開く
ウェットフードを置き餌できる
トレイタイプ

シュアーフィーダーマイクロチップは、猫の首輪につけた専用のタグ(またはマイクロチップ)を識別し、その猫が近くにきたときだけフタが開く仕組みになっています。

たとえば、食いしん坊の猫がいつも餌を横取りしてしまったり、赤ちゃんや犬などが餌にいたずらしてしまったり、そういう時に重宝しますね。

また、食べていない時はフタが閉じてくれるので、ウェットフードの鮮度を保ちながら置き餌できるのも画期的

トレイは取り外して丸ごと洗い可。新しい技術なのでお値段は高め

健康管理を徹底したい多頭飼いの飼い主さんにオススメです。

オススメ度
給餌量 1食分
最大給餌回数 1回
タイマー性能 ×
電源 乾電池
ウェットフード
スマホ遠隔操作 ×
カメラ ×
飼い主音声 ×

8位【アイリスオーヤマ】ペット用自動給餌器 給水器 ホワイト

ペット用自動給餌器 給水器 ホワイト
アイリスオーヤマ

災害時でも使えるシンプル設計
食いしん坊の猫には不向き
ストッカータイプ

アイリスオーヤマが販売している自動給餌器は、餌と水が減ったらその重さを検知して自動的に補給してくれるストッカータイプ

電源や乾電池も不要なので、災害時や電気トラブルでも安定して使えるところが魅力

餌を食べ続ける食いしん坊な猫だと摂取量をオーバーしてしまう可能性があるので、食い意地がはっている猫には不向きかもしれません

お値段は安いですから、自動給餌器の便利さを体験してみてはいかがでしょうか。

オススメ度
給餌量 1.5kg
最大給餌回数
タイマー性能
電源
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作 ×
カメラ ×
飼い主音声 ×

7位【WOpet】自動餌やり器 オートペットフィーダー

自動餌やり器 オートペットフィーダー
WOpet

最大4回/1日の自動給餌に対応
飼い主音声機能で猫も安心
1.6kg大容量ストッカータイプ

5分間隔のタイマーで最大4回/1日の自動給餌が設定可能

昼と晩だけ、夜だけ、といった設定も柔軟にできるので、どうしても自分であげられない時だけ、という使い方もできます。

ストッカーは最大1.6kgの餌を入れておけるので、多頭飼いや長期不在時でも対応できるボリューム

飼い主の声を最大10秒まで録音しておき、給餌のときに流すことができます

カラーバリエーションはホワイトとオレンジの2色。

猫がおねだりしてきた時も手動給餌できるので対応可能。

何より嬉しいのがバッテリーで、電源コンセントと乾電池、どちらでも動きます。両方有効にしておけば、停電時などは自動的に乾電池に切り替わるので、もしもの時も安心なのが魅力的

オススメ度
給餌量 1回あたり10〜100g(1.6kgストック可能)
最大給餌回数 最大4回/1日
タイマー性能 5分間隔で設定可能
電源 電源/乾電池(両対応)
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作 ×
カメラ ×
飼い主音声

6位【ルスモ】ペットフード・オートフィーダ

ペットフード・オートフィーダ
ルスモ

3回/1日の自動給餌に対応
シンプル操作で簡単せってい
1.0kgストッカータイプ

1分間隔のタイマーで最大3回/1日の自動給餌が設定可能

ストッカーは最大1.0kgの餌を入れておけるので、1袋まるまる入れておくことができるボリューム。

見た目もかわいくてオシャレで、カラーバリエーションはイエロー・オレンジ・レッドの3色。

猫がおねだりしてきた時は手動給餌で対応○

電源は乾電池対応なので、停電時なども使える安心感を評価

トレイとストッカー部分は取り外して丸洗い○。

操作ボタンが3つだけで簡単に給餌設定できるのも嬉しいですね。

おすすめ度
給餌量 1回あたり5〜80g
(1.0kgストック可能)
最大給餌回数 最大3回/1日
タイマー性能 1分間隔で設定可能
電源 乾電池
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作 ×
見守りカメラ ×
飼い主音声 ×

5位【JUNSPOW】自動ペットフィーダー犬猫用 6食分

6食分の餌・おやつをセット可能
ウェットフード対応
トレイタイプ

JUNSPOW自動ペットフィーダーは、6区画に分けられたトレイに6食分の異なる餌をセットできます

タイマーで好きな時間にセットでき、急な遠出や残業でも安心

見た目はシンプルですが、それ故にどんな部屋にもマッチしやすいですね。

電源は乾電池で300日は持つ設計なので、停電時なども安心。

トレイとフタ部分は取り外して丸洗いできます

最大10秒まで飼い主の声が録音できるので、寂しがり屋な猫ちゃんもきっと安心します

おすすめ度
給餌量 1回最大320ml
(6食分ストック可能)
最大給餌回数 6回
タイマー性能 タイマー設定可能
電源 乾電池
ウェットフード
スマホ遠隔操作 ×
見守りカメラ ×
飼い主音声

4位【WOpet】自動給餌器 3.5L容量

最大4回/1日の自動給餌に対応
飼い主音声機能で猫も安心
1.5kgストッカータイプ

1分間隔のタイマーで最大4回/1日の自動給餌が設定可能

ストッカーには最大1.5kgの餌が保存できます

猫耳を模したデザインがなんだか猫型ロボットのようでかわいいですよね(笑)

猫がおねだりしてきた時は手動給餌できます。

電源は電源コードと乾電池の両対応なので、震災時なども使える安全性○

ストッカーとトレイ部分は取り外して丸洗い可。

また、この給餌器の特徴として1回あたり4〜396gの餌が出せるので、たくさん食べる猫ちゃんにも対応できます。

飼い主音声が10秒分録音できるので、長めの外出時など猫がさみしがらないようにセットしておきたいですね。

大容量ストッカー&1日4回給餌&飼い主音声機能。これらを兼ね備えた製品の中では最強クラスのコスパです。

おすすめ度
給餌量 1回あたり4〜396g
(1.5kgストック可能)
最大給餌回数 最大4回/1日
タイマー性能 1分間隔で設定可能
電源 電源/乾電池(両対応)
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作 ×
見守りカメラ ×
飼い主音声

3位【うちのこエレクトリック】カリカリマシーン

カリカリマシーン
うちのこエレクトリック

最大4回/1日の自動給餌に対応
飼い主音声機能で猫も安心
1.6kgストッカータイプ

トップ3にランクインしたのは日本のメーカー「うちのこエレクトリック」さんが開発・販売しているカリカリマシーン。

自動給餌器の中では一番有名だと思うのでご存知の方も多いのでは?

カメラ以外のオーソドックスな自動給餌器の機能はすべてついています

プラスアルファの要素として「餌が空になったときにアラームでお知らせ」「給餌口に搭載した赤外線センサーで食べ残しを検知して過剰供給防止」など、かゆいところにも手が届く機能が満載。

猫がおねだりしてきたときの手動給餌や飼い主音声についてもしっかり対応してくれています。

同機能のモデルに比べると少しだけ高価ですが、1年保証+日本メーカーサポートの安心感にはそれ以上の価値がありますね。

私はメーカー直販で購入しましたが、店長さんからのきめ細かなメールが面白いです(笑)

おすすめ度
給餌量 1回あたり10〜100g
(1.6kgストック可能)
最大給餌回数 最大4回/1日
タイマー性能 5分間隔で設定可能
電源 電源/乾電池(両対応)
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作 ×
見守りカメラ ×
飼い主音声

2位【SHINMEI】オートフィーダ スマートペットフィーダ

オートフィーダ スマートペットフィーダ
SHINMEI

最大12回/1日の自動給餌に対応
1,080pの高画質カメラで猫を見守る
スマホ遠隔操作が可能

禁断のカメラ機能を搭載したSHINMEIの自動給餌器。

1,080Pの高画質映像で猫の様子を見守りながら、双方向マイクで話しかけることまでできるんです!

スマホアプリと連携することで簡単な遠隔操作ができるので、残業中や旅行中に猫の安否が確認できるのが何よりも嬉しいですね。

さらには自動給餌のタイミングでスマホに通知がくるので、猫がしっかり餌を食べているかすぐに見ることができるんですよ!

もちろん自動給餌器の機能もすべて兼ね備えているハイエンドモデルなので、値段さえ気にしなければとてもオススメの製品です。

おすすめ度
給餌量 1回あたり5〜50g
(1.0kgストック可能)
最大給餌回数 最大12回/1日
タイマー性能
電源 電源/乾電池(両対応)
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作
見守りカメラ
飼い主音声

1位【うちのこエレクトリック】カリカリマシーンSP

カリカリマシーンSP
うちのこエレクトリック

最大4回/1日の自動給餌に対応
見守りカメラで猫ちゃんの様子をいつでも確認
スマホ遠隔操作が可能

1位については僅差なのでかなり迷いました…。

が、やっぱり日本企業を応援したい! ということで第3位にもランクインしたカリカリマシーンの最上位モデル「カリカリマシーンSP」を1位にしました。

当然ながら基本的な自動給餌器の機能はすべて網羅しています。

さらにスマホアプリと連動して遠隔操作も可能。

最大の特徴は”カメラ機能”で、猫の様子をリアルタイムに確認できるのが本当に嬉しくて楽しいですね!

双方向で音声も送れるので、こちらから話しかけたり、猫ちゃんの鳴き声を聞くこともできてしまいます

さらには自動給餌が発動したときはスマホに通知がくるので「ちゃんと食べてるかな?」とすぐに確認可能。

もしカメラを見ておねだりしている愛猫を偶然見かけたら、遠隔操作でちょっとだけおやつをあげられるのも非常に嬉しい機能ですね!

猫の健康管理やライフログなど、猫と暮らすあらゆるシーンで重宝すること間違いなしの優れものです。

高機能ゆえに値段も高いですが、1年保証&日本メーカーサポートなので安心して購入できます

ちなみに、購入時のレスポンスやユーザーサポートの品質も上々で満足しています!

おすすめ度
給餌量 1回あたり10〜100g
(1.6kgストック可能)
最大給餌回数 最大4回/1日
タイマー性能 1分間隔で設定可能
電源 電源/乾電池(両対応)
ウェットフード ×
スマホ遠隔操作
見守りカメラ
飼い主音声

おすすめ人気ランキングで紹介した自動給餌器(オートペットフィーダー)の比較表

※←横スクロールでぜんぶ読めます。

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
メーカー名 うちのこエレクトリック SHINMEI うちのこエレクトリック WOpet JUNSPOW ルスモ (LUSMO) WOpet アイリスオーヤマ オーエフティー WOpet
商品名 カリカリマシーンSP オートフィーダ スマートペットフィーダ カリカリマシーン 自動給餌器 3.5L容量 自動ペットフィーダー犬猫用 6食分 ペットフード・オートフィーダ 自動餌やり器 オートペットフィーダー ペット用自動給餌器 給水器 ホワイト シュアーフィーダー マイクロチップ ペット用自動給餌器 単食分
価格 17,800円 17,600円 9,200円 5,980円 6,580円 19,800円 8,900円 1,596円 24,840円 2,000円
サイズ 38×24.5x30cm 28x22x30cm 38×24.5x30cm 38x28x20cm 31.5x33x7cm 22.6×38×33.4cm 20×32×36cm 35×27.5×34.7cm 23×31×22cm 24×12.5×7cm
給餌量 10〜100g/1.6kg 5〜50g/1.0kg 10〜100g/1.6kg 4〜396g/1.5kg 最大320ml 5〜80g/1.0kg 10〜100g/1.6kg 1.5kg 1食分 1食分
最大給餌回数 4回/1日 12回/1日 4回/1日 4回/1日 6回 3回/1日 4回/1日 1回 1回
電源 電源コード/乾電池(両対応) 電源コード/乾電池(両対応) 電源コード/乾電池(両対応) 電源コード/乾電池(両対応) 乾電池 乾電池 電源コード/乾電池(両対応) 乾電池 乾電池
ウェットフード × × × × × × ×
スマホ遠隔操作 × × × × × × × ×
見守りカメラ × × × × × × × ×
飼い主音声 × × × ×
原産国 中国 中国 中国 タイ 中国 中国 中国
商品情報 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

まとめ

まとめ
もっちゃん
もっちゃん
お気に入りの自動給餌器はみつかりましたか?
ねこぞー
ねこぞー
あなたにぴったりの製品が見つかったならとても嬉しいです!

猫を飼う人が急増している昨今、家にあまりいられない飼い主さんも多くなっているので、自動給餌器の需要はますます増加しそうです。

自動給餌器分野では、スマート家電のようにスマホ連動やカメラ機能を搭載したスマートペットフィーダーがスタンダードになっていきそうですね。

もっと便利な製品が出てくるのかと思うとワクワクします(笑)

新たに素敵な製品を見つけたらランキングも更新していきますので、ぜひまた見に来てくださいね。

ご質問や商品レビューのリスクエストなどもお待ちしていますので↓のコメント欄やお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ! 返信100%です。

ねこぞー
ねこぞー
それでは、良い猫ライフをっ!
あなたにオススメの猫用品をまとめました
キャットフード 食器 水飲み器
トイレ 猫砂 自動給餌器
自動給水機 ブラシ 爪とぎ
キャリー 猫草 初日に必須
【2019年】買って本当によかった猫グッズ
ABOUT ME
ねこぞー
ねこぞー
3匹の猫と暮らす35歳の愛猫家兼フリーランス。 猫と飼い主さんに「にゃるほど!」をお届けする「ねここもりブログ」を運営。 猫情報が8割で、残りの2割で大好きなゲーム・アニメなどの情報も発信していきます。使用感や体験談を、正直に、率直にお伝えする商品レビューを心がけています。
この記事のURLをコピーする
  
あなたにおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。