猫の迎え方・準備

【お金のこと】猫を飼うために必要な費用は年間8万円!?|食費・消耗品・ワクチン・病院・避妊・去勢・保険代をまとめてみた

【お金のこと】猫を飼うために必要な費用は年間8万円!?|食費・消耗品・ワクチン・病院・避妊・去勢・保険代をまとめてみた

この記事では猫を飼うとき気になる「お金・費用のこと」について詳しく解説していきます。

みぃちゃん
みぃちゃん
俺は外でねずみを狩るからそんなにお金がかからないぜ!
もっちゃん
もっちゃん
現実を見て。実際にはけっこうなお金をご主人さまが使ってくれてるんですよ〜

これから猫を飼ってみようと思っている方や、実際にどれくらいの費用がかかっているんだろう? と気になる方はぜひ参考にしてください。

私の家庭の実際の費用を根拠にしていますが、改めてまとめてみると「こんなにかかっていたのか!」と驚きでした(笑)

ちなみに多頭飼いの場合は記載されている費用を2倍や3倍にするだけです。

猫を飼い始めるときにかかる費用

猫を飼い始めるときにかかる費用
みぃちゃん
みぃちゃん
俺たちを飼うときは最初にいくらかかるんだ?
もっちゃん
もっちゃん
猫を飼うときの最初の費用は合計で約45,000円くらいですよ〜。

ペットショップやブリーダーから猫を購入する場合、その代金も別途必要になります。

金額の内訳は次の通りです。

ワクチン代

猫を飼うときは基本的に予防接種(ワクチン)を受けます。

室内猫の場合は3種ワクチンがポピュラーで、病院によって前後しますがだいたい5,000円〜1万円程度

マイクロチップ代

マイクロチップは猫の首元に埋め込む小さな電子タグです。

飼い主の連絡先などの情報が読み取れるようになっているので、迷い猫になってしまったときに便利。

保健所などの公的機関ではマイクロチップを読み取ってもらえるので、殺処分という最悪のケースを防ぐことができます。

獣医師に埋め込んでもらう費用と情報の登録費用、あわせて5,000円前後です。

エサ代(キャットフード)

猫を迎え入れたその日から必要になるのが餌代です。

ペットショップなどで猫を購入すると、

ショップ店員
ショップ店員
猫ちゃんは餌が急にかわると食べなくなることがあるので、その猫ちゃんが食べていたこの餌の購入をオススメします!

と言われます。

餌がかわると猫がストレスを感じるのは事実なので、キャットフードを特に決めていない場合は店員さんのおすすめ通りに1kgくらい買っておくのが無難です。

種類によって値段が前後しますが、だいたい1,000円〜2,000円

猫用食器代

猫が食事をするときに餌と水を入れる食器が必要です。

餌用と水用で最低2つの器を買ってあげましょう。

お値段はだいたい1,500円〜3,000円

首輪代

最初は嫌がる猫も多いですが、初心者は必ずつけておきたいのが猫の首輪です。

ちょっと玄関をあけた隙に猫が脱走! という事件が起こりますので、万が一に備えて「猫の名前・飼い主の連絡先」が記入できる首輪をつけておきましょう。

デザイン性などでピンキリですが、2,000円前後で購入できます。

猫用トイレ・猫砂・デオシート代

猫用トイレとそこに敷く砂、システムトイレであればおしっこシートが必要です。

3点あわせて5,000円前後で購入できます。

【2019年最新版】猫トイレおすすめ17選|おすすめの選び方も詳しく解説!
【2020年最新版】猫トイレおすすめ17選|おすすめの選び方も詳しく解説!猫用のトイレは猫ちゃんの快適な生活にとって欠かせない必須のアイテムです。あなたと猫ちゃんに最適な猫トイレを見つけられるようにおすすめの猫トイレとその選び方を愛猫家が徹底解説します。あなたと猫ちゃんにとって快適なトイレが見つかるように応援させてください!...

キャリーバッグ代

室内猫は基本的に外出しませんが、ワクチンや健康診断などで動物病院には必ずでかけることになります。

運搬用のキャリーバッグも最初に買っておきましょう。

こちらもピンキリですがポピュラーなものは3,000円前後で購入可能。

【愛猫家イチオシ】おすすめ猫用キャリーバッグ13選(種類別)|バッグの種類や選び方を詳しく解説!
【2020年最新版】おすすめ猫用キャリーバッグ12選(種類別)|バッグの種類や選び方を詳しく解説!▼今すぐおすすめ猫用キャリーバッグを見る▼ どうも、使い勝手のいいキャリーバッグを探し求めているねこぞー(@nekozo_jp)で...

爪とぎ器代

猫と言えば壁紙や木の柱をガリガリ削っているイメージがあると思います(笑)

ストレス発散においても大切なグッズなので、できれば最初に爪とぎも買っておいてあげると良いでしょう。

値段は2,000円前後です。

【愛猫家イチオシ】猫用の爪とぎ おすすめ14選|失敗なしで猫が喜ぶ人気の商品が必ず見つかる!【2019年版】
【2020年最新版】猫用の爪とぎ おすすめ14選|失敗なしで猫が喜ぶ人気の商品が必ず見つかる!あなたの猫ちゃんが楽しそうにガリガリしてくれる爪とぎをお探しですか? それならちょうどよかったです。今までに30種類以上の商品を試した私が「心からおすすめする爪とぎ」をぜひご覧ください。人気の爪とぎを厳選しましたから、あなたと猫ちゃんにピッタリな商品が必ず見つかりますよ♪...

ペット保険代(任意)

猫のケガや病気などで動物病院のお世話になる場合、治療費は100%自己負担になります。

骨折や誤飲、慢性疾患の治療など、数万円から数十万円の医療費がかかってしまうケースが意外とあるんです。

お金に余裕がある方は、そういった時の費用を8割〜9割負担してくれるペット保険に加入しておくのもおすすめです。

年間費用の一括払いが一般的で、保障内容によって前後しますがだいたい1万円〜3万円(年間)くらい。

我が家の猫は3匹とも保険に加入していて、特に腎臓が弱いと言われているスコティッシュフォールドのりっちゃんは一番高い保険に入っています(笑)

猫を飼っていると継続的にかかる費用

猫を飼っていると継続的にかかる費用
みぃちゃん
みぃちゃん
最初に必要なカネを払えば、そのあとは一生タダで俺たちと暮らせるのか?
もっちゃん
もっちゃん
そんな訳ないです〜。私たちと暮らすためには年間8万円くらい、生涯で120万円くらいかかるんですよ〜!

わかりやすいようにここからは年間の費用を記載していきます。

猫の寿命は平均15年と言われていますので、単純に15倍した金額が平均的な生涯費用となります。

ワクチン代

猫のワクチンは初回〜1ヶ月後〜3ヶ月後〜以降1年間隔、というように定期的に摂取するものです。

病院やワクチンの種類によって費用が前後しますが、ならすと年間で5,000円前後になります。

エサ代(キャットフード)

一般的なキャットフードを与える場合、年間の食費は15,000円〜30,000円になります。

お気に入りのキャットフードが決まったら、定期便などで少しでも安く、なおかつストックが切れないように前もって購入しておきたいです。

消耗品代(猫砂・爪とぎ・おやつ・おもちゃ)

トイレで使う猫砂、ボロボロになったら取り替える爪とぎ、おねだりされたらついついあげちゃうチャオチュール、どっちが遊んでもらっているのかわからなくなるおもちゃ。

その他にも猫用ベッドやキャットタワー、果ては愛猫家の夢「キャットウォーク」など、猫を愛するがゆえに買いすぎてしまう猫グッズの誘惑が世の中にはたくさんあります(笑)

年間3万円は見積もっておいた方がいいでしょう。

ペット保険代(任意)

保険を継続する場合は年間で1万円〜3万円くらいかかります。



猫の病気や去勢・避妊などで突発的にかかる費用

猫の病気や去勢・避妊などで突発的にかかる費用
みぃちゃん
みぃちゃん
ねずみのおもちゃを見るとついつい飲み込んじゃうけど吐き出せないぜ〜!
もっちゃん
もっちゃん
そういう時に病院で治療費がかかっちゃうんですよ〜(汗)

猫は生き物ですから、人間のようにケガや病気をします。

そうなった時の概算費用をお伝えしますので「もしものときの費用」や「ペット保険に入るかどうか」など参考にしてください。

猫の病気やケガのときの病院代

猫の傷病 参考治療費
腫瘍 243,800円
歯周病 108,400円
異物誤飲 220,800円
骨折 308,700円

引用元:アイペット障害保険株式会社

率直に言って「高い!?」と思いますよね(笑)

ちなみにこの他に入院代や診療代なども発生しますので、合計金額だともっと高額になりますし、定期的な治療が必要になる慢性疾患ならばさらにとんでもない金額になります。

私の家だと、夜中に猫トイレで血便を見つけてしまい、青い顔をして夜間診療をしているペット用の救急病院にかかったんですが、触診と検便で3万円かかりました。

ちなみに治療自体は翌日昼間にかかりつけ医のところに行ってください、と言われて何もしてもらえませんでした(苦笑)

それでも緊急を要する事態じゃなくてほっとしたのをよく覚えています。

入っててよかったペット保険!

オスの去勢手術代

雄猫の去勢手術は、病院によって変わりますが15,000円〜30,000円程度かかります。

基本的に日帰りであっけないくらい簡単に終わってしまいます。

メスの避妊手術代

雌猫の避妊手術は、病院によって変わりますが20,000円〜50,000円程度かかります。

雄の去勢に比べ高額なのは、手術が少し複雑で、1日から2日ほど入院が必要になるからだと思います。

猫を飼うために必要な費用のまとめ

みぃちゃん
みぃちゃん
改めて見ると俺たちと暮らすにはカネがかかるんだな!まあ、俺はそんなこと気にせずよく食ってよく寝るだけだぜ!
もっちゃん
もっちゃん
あなたはほんとにお気楽でいいですね〜(汗) 幸せな生活をサポートしてくれるご主人さまに毎日感謝です!

色々と費用が出てきましたので、最後にわかりやすく表でまとめておきます。

猫を飼い始める時に必要な費用一覧
内容 金額
ワクチン 5,000円
マイクロチップ 5,000円
エサ 1,000円
食器 3,000円
首輪 2,000円
トイレ(砂・シート) 5,000円
キャリーバッグ 3,000円
爪とぎ 2,000円
ペット保険 20,000円
合計 約45,000円

 

猫を飼っていると継続的にかかる費用一覧(年間)
内容 金額
ワクチン 5,000円
エサ 30,000円
消耗品 30,000円
ペット保険 20,000円
合計 85,000円

 

この他、ケガや病気の時の治療費や、去勢・避妊の医療費がかかってくるイメージです。

ちなみに、この記事は我が家で実際にかかっている1匹あたりの費用をベースにしているため、平均より少し高いかも知れません。保険に加入しない方もいると思いますし。

私も妻も猫グッズの浪費癖がすごいので、デパートやAmazon・pepyなどで気になる猫グッズがあるとすぐ買ってしまいます(笑)

これから猫を飼い始める方は、だいたいこれくらいの費用がかかることを念頭において、愛猫との幸せな生活をスタートしてみてください!

ABOUT ME
ねこぞー
ねこぞー
3匹の猫と暮らす35歳の愛猫家兼フリーランスです。『キャットフード販売士』の資格を保有。専門家の視点から猫とあなたの快適な暮らしを応援します✨
この記事のURLをコピーする
  
\あなたにおすすめ/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA