猫の育て方

【保存版】猫ケージの寒さ対策7選|すぐにできる便利な防寒対策をご紹介します

防寒対策だけサクッと見る

ねこぞー
ねこぞー
どうも、3匹の猫と暮らすねこぞー(@nekozo_jp)です。

寒い冬は猫にとって体調を崩しやすいイヤな季節。

健康な成猫なら神経質になる必要はありませんが、子猫やシニア猫は寒さに弱いので配慮が必要です。

愛猫が健康に冬を乗り切れるように、防寒対策をしっかりしてあげましょう。

この記事では

  • 猫ケージの寒さ対策
  • 猫ケージの寒さ対策をする上で注意すべきこと

について初心者向けにわかりやすく解説します。

ねこぞー
ねこぞー
自分の不在時や夜間が特に心配!というあなたはぜひ参考にしてくださいね。

猫ケージの寒さ対策7選

猫ケージの寒さ対策7選

今回は猫ケージに焦点を絞った寒さ対策の特集です。

猫ちゃんを猫ケージに入れるときは

  • 来客中
  • 飼い主が眠っているとき
  • 飼い主が外出で不在のとき

いずれも飼い主の目が離れてしまう状況が多いですよね。

そんなときに火事や感電の危険がある防寒対策では気が気でないと思います…。

そこで今回はそういった危険がない方法を中心にご紹介していきます。

ねこぞー
ねこぞー
冬場は特に「火事・感電・低温ヤケド」に注意しましょう!

1.エアコンで室内の温度を21℃以上にする

エアコンで室内の温度を21℃以上にする

電気代はかかりますが確実な方法です。

猫にとって快適な室温は21〜27℃なので、冬場のエアコンは21℃以上に設定しておきましょう。

老猫は運動量が減って寒さに弱くなっているので温度設定をプラス2〜3℃ほどあげた方がいいです。

猫にとって最適な室温とは?
【Q&A】猫が快適な室温は? 夏は27℃以下・冬は21℃以上が猫にとって最適!どうも、室温設定は人間よりも猫を優先するねこぞー(@nekozo_jp)です。 今日は猫にとって快適な室温について解説していきます...

ただ、外出時や就寝時にエアコンを付けっ放しにしておくのはちょっと…という方も多いと思います。

嫁ぞー
嫁ぞー
電気代もかかりますしね…。

そんな方は以下の方法もあわせて実施してあげてください。

2.暖かい場所に猫ケージを移動する

我が家でもそうなんですが、ケージは室内の端っこに置くことが多いですよね。

必然的に「窓に近い場所」に置かれているご家庭も多いのでは?

窓際は、昼間は陽光が差し込むので暖かいことも多いですが、夜は外から冷気が入ってきて寒くなります。

できれば窓から遠い場所にケージを移動してあげるといいですよ。

窓際の寒い場所に置かれた猫ケージ

↓窓際が寒いので内側に移動↓

窓際から遠ざけて温かい場所に置かれた猫ケージ
ねこぞー
ねこぞー
ちなみに一軒家なら上階の方が暖かいのでおすすめです。1階は冷え込みますよね…😭

3.猫ケージの下に新聞紙や段ボールを敷く

猫ケージの底が床にぴったりつくタイプだと、床から冷気が伝わってケージの中が寒くなります。

その対策として、猫ケージと床の間に新聞紙や段ボールを敷いてあげましょう。

断熱材の役割になって床からの冷気をかなり遮断できますよ。

猫ケージの下に断熱材を敷いた
ねこぞー
ねこぞー
我が家ではホームセンターで売っている抗菌マットを敷きました✨

4.毛布や段ボールで猫ケージの外側を覆う

猫ケージの外側を毛布で覆う

猫ケージは隙間だらけなので保温性が悪いです。

段ボールや毛布・ブルーシートなどでケージの外側を覆えば保温性を高められますよ。

夏用の掛け布団なども使えますね。

少し窮屈そうな見た目ですが、猫は狭いところもOKなので寒くないほうが重要です。

5.ドーム型の猫ベッドを置く

ドーム型の猫ベッドはかなり暖かいのでおすすめです。

最近は色々な種類がありますが、猫ケージで使うのでコンパクトな商品を選びましょう。

小さい方が熱が逃げにくいので暖かいです。

我が家の猫が愛用しているドーム型ベッド「マカロン」
ねこぞー
ねこぞー
我が家ではマカロンの形をしたドーム型の猫ベッドが3年ほど愛用されています(笑)

猫が入っているときにベッドの中に手を入れるとめっちゃ温かいですよ(笑)

6.毛布やタオルを敷いてあげる

猫ケージの中に毛布やタオルを敷く

猫ケージの底や棚板は意外とひんやりしているので、その上に毛布やタオルを敷いてあげましょう。

簡単な方法ですが効果は絶大です。

7.湯たんぽを置く

湯たんぽを置く

ベッドの側などに湯たんぽを置いてあげると暖がとれていいですね。

ただ、あまり熱くしすぎると低温やけどの危険があるのでそれだけ注意してください。

同じような用途で「あんか(ペットヒーター)」も使えます。

電源を使う保温器具は、飼い主の不在時に感電や火事などが怖いので、つけっぱなしにするのはやめておきましょう。

ねこぞー
ねこぞー
ケーブルをかじってしまう猫ちゃんも多いので要注意ですね😢

猫ケージの防寒対策で注意すべき3つのこと

猫ケージの防寒対策で注意すべき3つのこと

「まさかそんなこと!?」と思われるかも知れませんが、猫用の防寒グッズには危険がつきものです。

特にこれからご紹介する3つの危険に注意してあげましょう。

1.低温やけど

対象グッズ:湯たんぽ、あんか、ホットカーペット、こたつ、ストーブなど
猫の低温やけどとは?

 低温やけどとは、湯たんぽやホットカーペットなど多少触れた程度では問題ない40~50度程度のものに、長時間接触することで起きるやけどです。

お湯やガスの火など高温のものであれば、少し触れただけでも痛みを感じるので、すぐに対処することができます。

しかし低温やけどは、ゆっくりと進行するため気づきにくく、気づいたときにはすでに重症化している場合もあります。

アクサダイレクトから引用

人間よりも暑さに鈍感な猫は低温やけどになりやすいと言われています。

見た目では症状がわかりにくいので実はとても怖い怪我です。

冬場だとコタツやストーブが好きな猫ちゃんも多いと思いますが、そこでも低温やけどの恐れがあるので注意してください。

低温やけどを予防するには?
  • ホットカーペットは設定温度を38度程度にする
  • 湯たんぽなどには、厚手のカバーをつける
  • こたつは定期的に布団をあげるなどして、中の温度を下げる
  • ストーブの前にガードなどを設置する
  • 暖房器具のそばに長時間いたら、抱っこするなどして移動させる
  • 定期的に皮膚の状態をチェックする

アクサダイレクトから引用

ねこぞー
ねこぞー
高温になりやすいストーブの近くは特に注意しましょう。

2.感電

対象グッズ:あんか、ホットカーペット、こたつなど

電源コードを噛んで感電してしまう、というパターンに注意です。

何でも噛んでしまう子猫のときは特に危ないですね。

あんかやホットカーペットのコードは細くて噛みちぎりやすいので感電の危険性があります。

噛み癖がある猫ちゃんには電源コードが必要な保温器具を使わない方が賢明かも知れません。

ねこぞー
ねこぞー
感電も命に関わるので飼い主がしっかり警戒してあげましょう。

3.火災

対象グッズ:あんか、ホットカーペット、こたつなど

猫用の保温器具に限ったことではありませんが、空気が乾燥した冬場は火事にも注意です。

市販されているあんかやペットヒーターなどは基本的に発火の恐れがないように作られていると思いますが…

それでも猫が電源コードを噛んでしまうなど、想定外のことがあれば火災の恐れもあります。

飼い主の目が届かない状況なら、電源が必要な器具の使用はなるべく控えましょう。

ねこぞー
ねこぞー
安全第一ですね!


猫ケージの寒さ対策まとめ

この記事では「猫ケージの寒さ対策と注意点」についてご紹介しました。

対策をまとめると…
  1. エアコンで室内温度を21℃以上にする
  2. 猫ケージを暖かい場所に移動する
  3. 猫ケージの下に断熱材を敷く
  4. 毛布や段ボールで猫ケージの外側を覆う
  5. ドーム型の猫ベッドを置く
  6. 毛布やタオルを敷いてあげる
  7. 湯たんぽを置く

低温やけどや感電・火災にも十分注意しながら、猫ちゃんにとって快適なケージ空間を作ってあげましょう。

温かいケージの中で幸せそうに眠る猫ちゃんの寝顔はとってもかわいいですよ✨

ねこぞー
ねこぞー
他にも「これいいよ!」という防寒対策があったらぜひコメントで教えてくださいませ!

あと、少し古い記事ですが「教えて!goo」にも参考になる記事があったのでリンクを貼っておきます。

>教えて!gooの記事はこちら

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもお役に立てたらこの記事をシェアしていただけると泣いて喜びます。

ABOUT ME
ねこぞー
ねこぞー
3匹の猫と暮らす35歳の愛猫家です。キャットフード20種以上、猫用品300種以上の購入実績あり。正直でわかりやすい商品レビューを心がけています。
この記事のURLをコピーする
  
\あなたにおすすめ/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA